日々の出来事や感じたことを気の向くままにつづるブログです。


by mkyuuchann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

奥阿賀の旅でなんと言っても素晴らしかったのが「紅葉」
黄緑黄色ピンク。。。
艶やかに彩られた最高の紅葉。
まだ紅葉狩りにお出かけでない方に、奥阿賀の紅葉
ちょっとご紹介。

e0016955_17552567.jpg

e0016955_216626.jpg

e0016955_2111374.jpg

e0016955_1811025.jpg

e0016955_20534748.jpg

e0016955_21161132.jpg

e0016955_21203815.jpg

[PR]
by mkyuuchann | 2007-11-19 21:28 | 新潟の旅

三川観光きのこ園

きのこ、きのこ、きのこ。

訪れたのは『三川観光きのこ園』
私たちが行ったこの時は、なめことひらたけがいっぱいでした。


広さは1万2000坪。
見渡すと、一面なめこ。
e0016955_2210431.jpg



ちょっとこのなめこ、お店で見るなめこよりかなり大きいぞ。
e0016955_2217227.jpg

なめこってお味噌汁に入れるくらいしか知らなかったけど
焼いて食べるとものすごくおいしいのだそうです。
こんなに大きななめこならさぞかしおいしいだろうなぁ。

食堂にはとりたてのきのこをふんだんに使った料理もいっぱい。
バーベキューセットが大人気だとか。
この日はきのこ汁をいただきました。
大きなお椀にきのこがいっぱい。
[PR]
by mkyuuchann | 2007-11-17 22:20 | 新潟の旅

狐の嫁入り屋敷

下越酒造でお酒を飲んで、ほろ酔いで訪れたのが
津川の『狐の嫁入り屋敷』

「おい、あれはなんだ?」
「狐火だ。狐の嫁入り行列だ」

阿賀町津川には、そんな「狐火伝説」が語り継がれていて、
毎年5月3日には、町中の人がみんな狐のメイクをして「きつねの嫁入り祭」を開催しているそうです。

館内では、狐火を見たという町の人の映像や、毎年行われている
狐の嫁入り行列の様子がいっぱい展示されています。

e0016955_21272867.jpg
e0016955_21275161.jpg
e0016955_21294952.jpg
e0016955_2130797.jpg


ちょうど、日が差している中、霧雨が降っていたりして
本当に狐の嫁入りかしらと思わせる、なんとも不思議なお屋敷でした。
[PR]
by mkyuuchann | 2007-11-17 21:31 | 新潟の旅
新潟の旅2日目は、朝からお酒の名産地津川にある下越酒造
酒造りを見学。

e0016955_17495369.jpgまずは、精米したお米を蒸して、蒸米に。蒸し上がったお米は小さくてびっくり。大吟醸酒の精米度合いは50%以下だとか。





そのあと麹を加えて、3段仕込みでじっくり仕込んでいきます。
e0016955_17533161.jpge0016955_17523886.jpg










e0016955_17541430.jpg新酒をろ過した生酒もいただきました。
しっかり絞ったあとの酒粕までもらっちゃいました。





e0016955_17482731.jpgそして最後にみんなでいろんなお酒の試飲会。
まずは、杜氏さんのおすすめで、新開発された高品質酒米「越淡麗」を試飲。
う~ん、おいしい~♪奥深い味わいだわぁ~。







引き続き、あれもこれものいっぱい試し飲み。
e0016955_17485615.jpg
あ~、朝からこんなに飲んじゃっていいのかしらぁ。
[PR]
by mkyuuchann | 2007-11-17 18:01 | 新潟の旅
新潟一泊目のお宿は角神温泉『ホテル角神』
案内されたお部屋に入ってびっくり!!
左右に10畳ほどのお部屋が2つ。
3人でこんなに広い和室を2つも使っていいのぉ♪

露天風呂や展望風呂の温泉も充実。
早速温泉に入ってから、おいしい夕食をいただきました。

e0016955_2237487.jpge0016955_22384479.jpg





他にもおいしいおそばや汁物、食後にはメロンや柿、なしなどのフルーツもo(^o^)o

さらに阿賀町役場のプリンスSさんが最高においしいと差し入れてくださった
 麒麟山 紅葉(もみじ)

e0016955_2245591.jpg

3年貯蔵大吟醸というだけあって、しっとりまろやかで最高のお酒。
まさに「米・酒・肴」を楽しむ新潟の旅となりました。

気分も良くなったところで行ったのがこの宿の貸し切り露天風呂。
予約をすれば、40分無料で貸し切りになる貸し切り露天風呂もあるのです。
3人で気兼ねなく、バカ言い合って露天風呂を楽しみました。

翌朝の朝食は、こちら
おしゃれにかごに並べられて、いい感じ。e0016955_225397.jpg
[PR]
by mkyuuchann | 2007-11-16 22:55 | 新潟の旅
じゃん!!
e0016955_22594338.jpg

紅葉があしらってあって、季節情緒あふれるステキな和紙の灯りでしょ♪
これ私が作ったんですよ。

水の里・鹿瀬にある奥阿賀ふるさと館で、こんな素敵な「和紙の灯り」が作れるんです。
私だけのオリジナルの灯り。
心もほんわか温まりそう。

e0016955_2312117.jpg
他にもこんなのが作れます。

和紙の原料「楮」のある鹿瀬は、近くに発電所も多くあることから、和紙と電気と灯りがテーマということで、館内では素敵な和紙と灯りの共演アートを見ることができます。




e0016955_2314398.jpge0016955_2315678.jpg







e0016955_232618.jpge0016955_2321913.jpg
[PR]
by mkyuuchann | 2007-11-14 23:09 | 新潟の旅
メダカの佃煮」ってご存じですか?

阿賀町では、江戸時代の頃より珍味としてメダカの佃煮が愛されてきたのだとか。。。
そのメダカの佃煮を製造していらっしゃる波田野さんのお宅におじゃましてきました!!
波田野さんのお宅はのどか~な田舎道の中にある大きなお屋敷で、
メダカの養殖の他にイワナの養殖、そして大きな錦鯉も飼育していらっしゃいます。

これがメダカの佃煮です。↓
e0016955_14135064.jpg
お酒の肴にもなりそうかな。


おいしいキノコ汁もいただきました♪
e0016955_14141974.jpg






               ちょっとじくが黒っぽいキノコは、キノコの王様 あまんだれです。
[PR]
by mkyuuchann | 2007-11-14 14:24 | 新潟の旅
花水木でおいしい山菜御膳をいただいたあと、眺めも最高の奥阿賀遊覧船に乗りました。e0016955_1333563.jpg
船内は畳張りのお座敷で、ゆったり♪
紅葉狩りには最高です。

e0016955_13321674.jpg

景色を楽しむほかにもう一つとっておきの楽しみが。。。
船内には、ワラで作った小型の「鍾馗様」が奉られていて、
用意された祈祷用紙に家内安全、無病息災、商売繁盛など、祈祷内容を選んで、
それを本物の鍾馗様が奉られる地点に近づいたところでそっと阿賀野川に流すのです。


e0016955_13341774.jpgその時表向けば願いが叶うのだそうです。
もちろん、私の祈祷紙も根性で表向きになりました。


雨が降ったり止んだりの生憎のお天気だったのに、
遊覧船でこんなに楽しめるなんて想定外の感動でした。
[PR]
by mkyuuchann | 2007-11-14 13:37 | 新潟の旅
初日のお昼は、阿賀町の食事処花水木
木をふんだんに使ったぬくもりのあるデザインは、居心地のいい空間です。
e0016955_1159683.jpge0016955_1203132.jpg






和紙を使った照明もぬくもりを感じるわぁ。


そしてこの日いただいたのが、きのこをはじめ、わらび、ぜんまい、みょうがなど
山菜たっぷりの最高の御膳(*^_^*)。

e0016955_11533042.jpg


また、この花水木は日帰りの入浴専用施設「赤湯」もあって、
鉄分たっぷり含んだ赤湯の温泉。
神経痛や筋肉痛、うちみやくじきにも効くそうです。
そうそう、この赤湯に入ると、杖をついていたおばあさんの腰も
ピンと伸びて、帰って行かれるそうですよ。

(案内をしてくださった阿賀町役場のプリンスSさん情報)

そしてなんと入浴料は、たったの300円!!
ゆっくりお湯に浸かって、居心地のいい空間で
おいしい田舎料理をいただくなんて最高です。
今回は入らなかったけど、またぜひ赤湯にも入ってみたいわ。


そして温泉まんじゅうがまた和紙を使って粋にディスプレイ。
e0016955_1231653.jpg

[PR]
by mkyuuchann | 2007-11-14 12:14 | 新潟の旅
新潟からSLに乗って、降りたのは津川駅。
そこからほど近いところにある「ダチョウ牧場」


何でも個人のお宅で飼われているのだとか。
はじめは食肉にしたり、お金儲けにするつもりだったのが
殺生するのがかわいそうになって、そのまま飼育している
とのこと。今は観光用に無料開放しているそうです。

e0016955_11103912.jpg

ダチョウなんて動物園にしかいないのかと思っていたけど
新潟でダチョウを見られるなんて(O_O)
ちなみに黒いのがオスで、断然メスの方が多かった。


「きっとダチョウ倶楽部志村けんなんかも来てるんじゃない?」
なんて冗談を言い合っていたら、本当に取材に来ていたようで
一緒に撮した写真が飾ってありました。(^o^)
こちらは、本物のダチョウのたまご。
比べるものがないから大きさがわかりづらいけど、直径20センチ以上はあったかな。

e0016955_11111322.jpge0016955_1111375.jpg
[PR]
by mkyuuchann | 2007-11-14 11:19 | 新潟の旅